HAUNTOYS

アメトイレビュー&カスタムしていきます☻毎日更新継続中

【100均最強】予算1000円でフィギュア撮影ブースを作ってみた

f:id:haunTOXiN:20180810224156j:image

どうもハウントです☻よく記事のためにフィギュアを撮影するのですが、どうせなら綺麗な写真を撮りたい…という訳で今回はブログに使うレビュー写真を撮影するためのブースを自作してみました✌︎

■必要材料

⒈組み立てラック、ワイヤーネット&スタンド

f:id:haunTOXiN:20180810184420j:imageダイソーの組み立てラックセット(355mm×355mmパネル4枚、ストッパー4セットを2組)、背景用にワイヤーネットとスタンドを購入。基本的にブースの土台はこれだけです!ついでにLEDライトも購入(合計8点:税込864円)

⒉LEDライト

f:id:haunTOXiN:20180810180022j:image今回は100均縛りということで、こちら100円ショップセリアで買ったLEDライトをそれぞれ試してみる事にしました。固定できるものであれば何でも大丈夫です!

⒊背景紙

f:id:haunTOXiN:20180810180850j:image背景紙は取り替える前提で黒の大きめの画用紙を選びました。ブースの幅に合わせてカットして調整できるのでB3サイズ(364mm×515mm)あれば理想。この時点で予算ギリギリ(合計9点:972円)

⒋カメラ

f:id:haunTOXiN:20180810191241j:image今この記事を読んでいただいている方のデバイスがもしスマホであればそれで十分です!というより「予算1000円で…」なんて言っておいて「カメラは一眼で!」とは言えない((もちろん専用のカメラを用意した方がいいのですが、そこまでこだわらなくともスマホの標準カメラアプリなどでも充分綺麗に撮れます!そう、iPhoneならね。(iPhoneじゃなくても大丈夫です)

⒌おもちゃ

f:id:haunTOXiN:20180810180939j:imageブースやカメラだけ用意しても肝心のおもちゃがないと始まりません。今回撮影に協力してくれるのは先日レビューしたスポーンⅠ。

■ブースの作り方

ブースの作り方はたったの3ステップです。

⒈ブースとなるラックを組み立てる

f:id:haunTOXiN:20180810193045j:imageラックはパネルをはめるだけなので組み立ては簡単!

⒉ワイヤーネットスタンドに背景紙をクリップで固定
f:id:haunTOXiN:20180810193053j:image

ワイヤーネットも差し込むだけでスタンドに。画用紙はブースに合わせてカット、クリップで好きな位置で固定します。

⒊ブースに背景を取り付けてLEDライトを設置

f:id:haunTOXiN:20180810193041j:image先ほど組み立てたブースに背景紙スタンドを重ねるように設置。最後にライトをセットして完成です!底面の接地面が不安定なので適度な厚さの本などを挟むとグラつきません。

■実際に撮影してみる

⒈手前LEDクリップライト、左右LEDスタンドライト

f:id:haunTOXiN:20180810194402j:image実際に写真を撮ってみないとわかりませんよね!まずは手前2灯、左右2灯で撮影。外側のスタンドライトは奥に光を当てるように配置してみました。
f:id:haunTOXiN:20180810194355j:image光が弱いのか全体的に暗めな印象…背景紙の傷が目立つのがわかります。フィギュア自体は綺麗に写っています。

⒉手前クリップLEDライト、左右LEDスタンドライト、上1灯ボタン式LEDライト
f:id:haunTOXiN:20180810194359j:image

先程は単純に明るさが足りなかったと判断し先ほどのセットに上からのライトを足してみました。外側のスタンドライトは直接フィギュアを照らすように配置。
f:id:haunTOXiN:20180810194406j:image背景は綺麗に写ったのですが、今度は逆に光が強すぎたのかフィギュアに反射してところどころ白飛びしています。

⒊左右、上懐中電灯

f:id:haunTOXiN:20180810203344j:imageもうなんか思ったようにいかないので我が家で一番光の強い懐中電灯で照らしてみました。もちろんこちらも100均のものを使用。
f:id:haunTOXiN:20180810203339j:image個人的に綺麗には写ったと思います!ですが明るさが強すぎて細かい埃まで写りこんでしまいました…

■結論

光の当て方がよくわかりませんでした…重要なのは値段の高いブースやカメラではなく、背景紙や照明の部分だと言うことがわかったので自分なりに改良しつつ、模索していこうと思います。大満足とまでは言えませんが、100均商品のみでたった1000円でもここまで簡単で、それなりに綺麗な写真を撮ることができました✌︎